◎設計のコンセプト居住福祉は住まいづくりからこれからの住まいづくりは、日常生活の中で家族と共に、自立・自活介護がどれだけ容易に出来るか住宅の価値が決まる。 中原企画設計では筑10年になる自宅を一般公開しています。ご希望の方は予めご連絡頂ければご案内いたします。

基本コンセプト
施工事例
はい!中原です
お客様の声
建築設計
小国町内アパート情報
小国町内貸家・売家情報
小国町内土地・売り地
小国町外不動産情報
住まいの改修屋・久兵衛
福祉住環境整備部
いなか暮らし
ふるさと村事業部
小国郷物語
ブログ

■住空間・商工空間デザイン
建設設計、監理業、一級建築士事務所(県知事登録)
■不動産取引事務所
  土地、建物の売買、交換又は貸借の代理又は仲介、アパートの紹介・宅地建物取引業 (県知事登録)
■白い森住宅工房、福祉住環境ネットワーク協議会、小国町建築組合、B・B住まいの会
■ベストバランス研究会


※デザイン 外観(外は環境)
飽きのこないシンプルなデザイン、雪処理を考慮しての 大屋根と水平屋根の組み合わせ外構の植栽、木、石が 建物を引き立たせてくれる。

内観(内は個性)
地杉を中心に天然素材を使用し、一年中仕切りのない広広としたオープンスペースから生まれる快適空間、心に安らぎが生まれる。

縁台(テラス)
内と外をつなぐ大事な仲介役。※四季の生活(自然の力を最大限に生活の中に取り入れる窓(開口部)は閉めて、南面の大きな窓から太陽の光が差し込む、暖かさ、ありがたさ。外の寒さから玄関に入ると、ほんのりと暖かい空間、家族が迎える全室暖房の快適さ。)
窓の位置を考え大きく開け、風の通り道をつくり、肌の表面から自然な風によって熱をとりさってくれる気持ちよさ。南側、西側にはすだれを垂らし、直射日光を避け、水を敷き、風鈴の音を聞きながら縁台に腰をおろし、庭を眺め、自然と一体になる充実感が得られる。
窓を開けたり、閉めたりして自然と対話しながら、自ら工夫し、楽しく生活する。